ひょっとしてワキガ?自分でチェックしてみよう

ワキガ発症のしくみを解説

人間が汗をかく理由は体温を下げるためですが、エクリン腺は汗という水分を排出させる役目を担っていてほぼ全身にあります。

ここから出る汗は、少し塩分を含むほとんど水分のサラサラしたもののためワキガの直接的な原因にはなりませんが、汗が外気に触れることで酸化したり細菌と交じりあってにおうことはあります。

これはいわゆる汗臭いというもので、誰にでも起こりうる現象です。一方でアポクリン腺から分泌される汗はワキガの主な原因となり、エクリン腺とは違って粘ついた汗が出てきます。

耳や脇の下、へそや陰部など必ず毛穴とつながっている腺で、直径は4mmとかなり大きく、皮膚の表面から少し深いところにあります。

アポクリン腺から出る汗はどういう時に出るのかまだ解明されていないうえに、暑いときや緊張しているときだけでなく気温が低いときでも出てきます。

思春期を迎えると活発化しだし、生理の開始時期と重なるケースが多く見受けられます。

耳垢などでセルフチェックができる

自分がワキガかもしれないと思った時にできる簡単なチェック方法として、耳垢で判断できることがあります。

耳垢は乾燥したコナ耳と湿り気のあるアメ耳のふたつのタイプがあり、ワキガ体質の人はアメ耳である場合が圧倒的です。毛根の入り口付近にアポクリン腺は存在するため、耳の中の毛が多くて太いかどうかもチェックポイントになります。

また、白いシャツやブラウスなどの脇の部分がいつも黄ばんでしまうという方も、ワキガの可能性が高いです。

たんぱく質や脂質、アンモニアや鉄分などがアポクリン腺から出る汗の成分ですが、臭いの原因となる物質でありこれらの成分が衣服につくことで黄ばみやシミになってしまいます。

そのため衣服の脇の部分を確かめることもチェック方法のひとつです。ワキガと似た体質に多汗症がありますが、多汗症は全身に症状が出るもので汗のタイプはサラサラしています。

ワキガの汗は普通の汗とは違い、粘り気があるのが最大の特徴です。