ワキガ・多汗症の治療で保険が適用できる施術を紹介

保険が適用できるワキガ・多汗症の治療法。どんな人が保険適用になる?

ワキガを治療するときは自由診療であることが多いイメージがありますが、実は健康保険が適用されることがあります。

治療方法には様々なものがありますが、保険が適用される治療方法1つがボトックス注射で、ワキガの部分に注射をするだけで良いのいう簡単な治療法です。

そしてもう1つが剪除法という方法で、手術でワキガの部分を切開し、においの元となるアポクリン汗腺を取り出す方法になります。

保険は誰でも適用されるのではなく、医師が日常生活において困難になるほど、ワキガや多汗症の症状がひどいと診断したときに保険が適用されることになります。

反転剪除法なら3割負担で治療できる

ワキガの治療法の1つである剪除法は、手術で皮膚を切開し、アポクリン線などの汗腺を取り除く手術です。

麻酔をしてからメスで皮膚を切開し、医師が目視で汗腺を1つずつ取り除いていくため、においの元となる汗腺を綺麗に除去することができます。

そのためににおいを抑えて汗をかきにくくすることができ、半永久的な効果が期待できます。

費用も保険が適用されれば全体の治療費の一部を負担すればよいので、経済的な負担も抑えられます。

ただ、デメリットとして皮膚を切開して閉じるときに縫いますから、皮膚が引き攣ったり、手術痕が残る可能性があります。

ボトックス注射も保険を使える医院は多い

多汗症に対して効果が高いとされるのが、ボトックス注射ですが、汗をかきやすい部分に注射をするだけで良いという手軽な治療方法です。

注射だけで済むので、痕が残ることもなく、施術も数分間で終わることができます。

費用も保険が適用されれば、かなり安くできます。

しかしデメリットとして、汗やにおいを抑えられるが3ヶ月から半年ほどしか続かないので、再び施術を受けなければなりません。

剪除法の場合は汗腺を取り除くので、永久的に汗やにおいを抑えることができますが、ボトックス注射の場合は汗腺はそのままですから、いずれ再発することになります。

しかし、手軽にできて治療費も安価なので、手術まではしたくないという人にとってはオススメの治療法です。当サイトにてボトックス治療の体験談を掲載してますので、ご一読ください。

参考

【体験談】札幌でワキガ治療の脇ボトックス注射を受けてみた関連記事

傷を残したくないなら保険適用外の手術を受けよう

その他に、ワキガを治療する方法として保険が利かないものがあります。それがミラドライという治療法で、マイクロ波を使ってアポクリン線などの汗腺を破壊するという吸引法です。

マイクロ波は治療のために開発された専門的な機械のため、効果が高く、半永久的な効果をもたらすことができます。

すでに海外ではワキガ治療を行うときに使用されており、皮膚を切開せずに汗腺を破壊するので、手術痕が残る心配がない治療法として人気を集めています。

ただ保険が適用されませんから、診察費用や治療費用、麻酔や薬代なども全額自己負担になります。