ワキガ・多汗症の症状について解説

ワキガの原因と特徴

苦しい・痛いなどの症状はないものの体臭がきつく、周囲に敬遠されることで「社会的な病気」とも呼ばれるワキガ。

その原因は、汗の種類にあります。汗を出す腺にはアポクリン腺とエクリン腺の二種類があり、体質によってこの二つの働きが決まります。

前者のアポクリンから出る汗にはたんぱく質や脂質などが含まれるため、雑菌が繁殖して臭くなりがちです。

後者のエクリン汗は水と塩分のみのため、汗をかいた後も臭いは控えめです。前者の働きがある程度以上活発であれば、身体から出た汗は皮膚の雑菌によってすぐ臭くなってしまうという仕組みです。

ワキガはニオイの強さによって対策も変わってくる

ワキガの対策には、段階ごとにさまざまなものがあります。たとえば、軽度のものであれば生活習慣を見直すだけで改善していきます。

運動不足で普段汗をかかない生活をしていると、老廃物が汗と一緒に出てくるため臭くなりやすく、また甘いもの・油ものばかり食べていれば汗にも脂質が出てきてやはりニオイの原因になります。

これらを改善し、制汗剤など併用すればだいぶニオイは軽減されます。

しかし重度の場合は、原因となるアポクリン腺を摘出して無くしてしまう手術が推奨されます。腺が無くなればそこからは臭いの元が出てこなくなるというわけです。

多汗症はワキガとは違う

ワキガとよく混同されがちですが、多汗症はまったく別の病気です。

その名の通り、暑くもないのに汗が大量に出てしまうのが症状でワキガと違いエクリン腺からの汗が主となります。

大量に汗をかいてしまう原因はさまざまですが、精神的なストレスであるケースが多くなっています。

誰でも緊張した時にはわきの下や手のひらに汗をかくことがありますが、「手に汗握る」という言葉があるようにこれらは緊張と結びついた発汗が起こりやすい場所なのです。

ひどい場合はしたたるほどの発汗がある場合もあり、ワキガ同様に「社会的な病気」と呼ばれています。

多汗症の対策は制汗剤で

エクリン腺からの汗とはいえ、大量にかけばニオイの元となりますので制汗剤を使うのはおすすめです。

原因が精神的なものであれば、安心にもつながって良い影響が期待できます。

しかし根本からの治療には、やはり専門医療機関に頼ることになるでしょう。

多汗症の場合、外用薬の塗布のほかに発汗部位の神経を遮断する手術が選択肢となります。

神経への施術であるためリスクもゼロというわけにはいきませんし、多汗は肉体的には苦痛を伴わない病気なので、行うかどうかの判断は非常に難しいものとなります。医師や周囲の人と良く相談のうえで決定しましょう。