自宅でもできる!ワキガ対策

生活習慣の改善から始めよう

自宅でできるワキガ対策として簡単な方法は生活習慣を変える事です。

特に食事の改善とこまめな入浴は欠かせません。ワキガの原因である細菌はアポクリン汗腺から発生する皮脂によって増加しますが、皮脂は肉料理など脂が多い料理を口にすると増えてしまいます。なので油が多い料理は避ける事がおすすめです。

そしてお風呂は細菌を洗い落とすために必要不可欠なケアと言えます

長時間お風呂につかればワキガの元になる細菌とその細菌のエサとなる皮脂などを落としやすくなりますが、同じく体を洗うシャワーはおすすめできません。理由は圧倒的に使用時間が短いからです。

塩化アルミニウム液でワキガ対策

塩化アルミニウム液 は元々は多汗症の患者のための治療薬でしたが、その汗に対する効果はワキガのケアにもつながる事が発見されてからはワキガ対策の薬としても重宝されています。

この薬の特徴はワキガの原因になっている細菌やアポクリン腺に直接作用しているわけではなく、エクリン腺の汗を抑制する事でワキガ対策をしている事です。

優れたワキガの薬ですが、デメリットもあります。

かゆみやかぶれ、炎症、痛みなど皮膚の副作用や妊娠または授乳中の人、他の市販薬を服用している人など使用できない人が多い、また使用中は他の薬の使用ができないなど様々です。

ミョウバンでワキガ対策

ミョウバンは染色剤として用いられている天然の鉱物です。

他にも漬物の変色を防止するために使用されたり防臭剤として用いられてきたりなど昔から人々の身近なところにありました。

ワキガに対する効果は多彩です。

ワキガの現認となる細菌の増加の抑制や毛穴の引き締め、汗の抑制、アポクリン腺から発生する皮脂の凝固、さらに含まれている金属による消臭の働きなどが挙げられます。

すぐに単品で購入できるうえにパウダーやクリームなど様々な商品を媒体に配合されている点を考慮すればメリットばかりが目立ちますが、単品の場合は腐りやすいというデメリットがあるので要注意です。

今すぐ出来るデオドラント対策

デオドラントはワキガ対策の薬として一般に広く知られています。

デオドラントクリームやデオドラントスプレーなど様々なタイプが発売されており、ワキガを抑制できる効果も十分優秀です。それは消臭や殺菌の持続が他の薬と比較すると長いからに尽きます。

しかしデメリットを挙げるなら、あくまでワキガの緩和だけとなります。

つまり根本的な治療ではないという事です。もちろん自分でできるケアである以上、限界があるのは仕方がない事ですが、根本的なワキガのケアをしたい方にはおすすめできません。デオドラントはあくまでも抑制のための薬です。