吸引法によるワキガ治療の特徴を解説

従来の治療に比べ、体への負担が軽い『吸引法』

吸引法とは、脇の下をメスで1cmほど切開し、そこから脂肪吸引に使われるカニューレをいう吸引器を差し込み、皮膚の裏側にあるワキガの原因となるアポクリン汗腺を吸い出す手術方法です。

マイクロリムーブ法、クワドラカット法などもこれに含まれます。

脇の下に小さな穴を開けるだけなので、ダウンタイム(術後に傷跡が塞がり、違和感がなくなるまでの時間)が非常に短く、体への負担が少ないといわれています。

何よりも、傷跡がたった数mmと小さく、アフターケアも専用のクリーム・軟膏を塗るだけなので、従来の切開法などより手軽に行うことのできる治療法といわれています。

効果は反転剪除法に比べると劣る

吸引法の最大のデメリットは、絶大な効果が見られにくいという点です。

医師がアポクリン汗腺の位置を目視し直接取り除くのではなく、切開部分から吸引する方法であるため、アポクリン汗腺の取り残しが生じる場合があり、ワキガが再発してしまう可能性があるのです。

また、吸引器も元々脂肪吸引に使われるものを流用している場合が多く、皮膚にしっかりとくっついたアポクリン汗腺を全て綺麗に取り除くことは難しいとされています。

難しいワキガ手術の中でも手術痕が目立たず気軽に出来るものなので、軽いワキガの人がニオイを軽減する方法としてチャレンジしてみるのが良いでしょう。

吸引法の費用は?保険は適用できません

吸引法は保険がききません。吸引法は元々脂肪吸引の技術を流用していることもあり、美容としての目的が大きいこと、施術に時間がかかることなどから、自由診療でのみ行われています。

つまり、基本的には全額負担の自由診療となってしまいます。

受診する医療機関によって異なりますが、一般的な費用としては数十万円前後が見込まれます。

そのため、一度手術を受けても完治するとは限らないということも踏まえると、効果の割にコストが高くついてしまうことも事実です。

ただし、医療機関によって料金が大きく異なるため、事前に問い合わせするなどして確認した方がよいでしょう。

吸引法は皮膚科や美容外科で受けられる

ワキガは元々皮膚の分泌液が原因で起こる症状なので、本体ならば皮膚全般の治療を行う専門医がいる皮膚科の受診が一般的とされています。

他にも、身体機能を形態解剖学的に正常な機能に戻すことを目的とする形成外科、美容を目的とする美容整形外科でも治療することが可能です。

特に吸引法は元々脂肪吸引の技術を流用していることから、全国の美容クリニックで多く取り入れられています。

一般の病院では、手術を行っていない場合もあり、また医師や看護師が直接ニオイを嗅いで治療の可否を判断するケースもあるようです。

事前に医療機関のホームページで調べたり、電話で直接問い合わせてみることをおすすめします。